株式会社ナファ生活研究所社長相田雅彦さん
ナファ生活研究所
社長 相田 雅彦さん

私が竹繊維と出会ったのは、2000年の春。
上海の友人に、竹から出来たという原綿を見せられた時です。
当時の私は、絹のような光沢を持つ竹繊維に秘められた価値と役割を理解できずにいました。

帰国後、竹繊維の役割を色々模索する中、食品分析センターに抗菌テストをお願いしました。結果は、検査官が驚いて電話をかけてくるほどでした。なんと実験した4万個の菌が、すべて死滅したというのです!
天然繊維に菌を死滅させる力があるなど、誰も考えなかったことです。

この結果から、私は竹繊維は
医療・衛生の分野で活かされるべきだと確信しました。

現在、医療現場で主に使われているガーゼは綿です。
しかし、綿の栽培には全世界の農薬使用量の40%を占めている
というのです。

とてもショッキングでした。まだ綿ほどコストが安く ありませんが、
近い将来、綿に代わって医療現場に普及させていきたいのです。

竹はとても生命力にあふれた植物で、
毎年発芽し2~3年で成木になります。
農薬を散布することなく、種を植える必要もありません。
しっかり管理し、成木だけを使用すれば資源が減ることもないのです。
それでいて、天然の抗菌力がある。
竹は、まさに大地が与えてくれた贈り物です。


お客様の声(クチコミ)一覧

竹布(TAKEFU)とは