竹布 開発者のこだわり

TAKEFU(竹布)の最大の特長は、ほっとするやわらかさです。
TAKEFUが生まれ、皆様に届くまで・・・その数々のこだわりを、ご紹介します。

■竹布 製品企画へのこだわり

やさしさをカタチに、ひとつずつていねいに。

製品企画へのこだわり タオルTAKEFUは、流行を追うものではありません。
誕生以来、化学物質過敏症、アトピー性皮膚炎、お肌のトラブルにお悩みの方などのご支持を得てたいへん喜んでいただいています。

さらに、TAKEFUを必要とされるもっと多くの方々に製品をお届けできるよう、TAKEFUならではの工夫をほどこし、派手さはありませんが、直接肌に触れ、肌を守る製品と位置づけ、ひとつずつていねいに企画しています。

■竹布 デザインのこだわり

どなたにも喜んでいただける考えぬいたデザインをTAKEFUは身を飾る繊維ではありません。

竹布 デザインのこだわり Tシャツ直接肌に触れる部分に活用し、身体をゆるめ、癒す一枚の布というコンセプトが根底にあります。
一枚の布がストールになり、肌着になり、寝具になります。

そのために、ナファ生活研究所では、それぞれの製品の目的に適した生地の開発を行い、考えぬいたデザインで、肌ストレスのない快適さを追求しています。

■竹布 縫製・仕上げのこだわり

肌ストレスフリー そのための取り組み

竹布 縫製 仕上げのこだわり 布ナプキン多くの製品は、買っていただくことのみを目的にしているような気がします。
柔軟剤でふっくらと仕上げたタオル製品。
1回の洗濯で風合いの変わるタオルに私 たちは疑問を感じます。

TAKEFUは、例えるなら皮膚感覚。
肌にスッと馴染み、着ていることさえ忘れてしましそうな着心地。
布ナプキンなら周囲をロックするだけの柔らかな縫製。
インナーはフラットな縫製。
すべては肌ストレスフリーへの取り込みです。

■竹布 お届けしたいお客様へのこだわり

本当に必要とされている方にTAKEFUならではの製品を

竹布 本当に必要とする人へこれまでの製品では解決できなかった肌トラブルの悩み。
雑菌の繁殖や、カビなどの悩み。
満足いく着心地が得られなかった悩み。
安眠を得られなかった悩み。

TAKEFUのラインアップは、どれもベーシック、奇をてらう製品ではありません。
どの製品から始められても、TAKEFUのやさしさをご実感いただけるでしょう。
ほんとうに必要とされている方にお届けしたい。
わたしたちの願いです。

竹布(TAKEFU)の開発者が語る「ものづくりの心」